平成30年度 雨乞笠おどり大会

野田自治会

平成30年度 雨乞笠おどり大会

8月26日(日)野田八幡宮境内において、「雨乞笠おどり大会」を開催しました。8月後半の八幡宮の境内は、日差しが強く大変蒸し暑い中での大会でした。ご来賓は、刈谷市長を初め国会議員・県会・市会議員他大勢の方々に来場をして頂き盛大な大会になりました。酷暑のせいか、無料で準備したかき氷が多くの方々に配られて準備した氷がすべて完食するほどでした。

毎年8月1日から子ども達は野田八幡宮境内に集まり練習を積み重ねて参りました。近隣住民やアマチュアカメラマン・KATCH等のメディアの方達他大勢の観衆が見守る中「雨乞笠おどり」を披露しました。年々踊り手の子供参加が多く、指導員20名、子供48名もの参加がありました。

 

[式典中–神事]             [玉串奉奠]

笠おどり保存会事務局長の開式宣言の後、野田八幡宮祭祀による厳かな神事を執り行い、来賓の方々には「玉串奉奠(ホウテン)」をして頂きました。その後、雨乞笠おどり保存会会長の主催者挨拶・竹中刈谷市長他来賓の皆様から祝辞を頂戴しました。式典終了後、いよいよ雨乞笠おどりの披露です。

[市長の祝辞]             [全員集合–子供踊り手]

初めに、大人の部(指導部の方達)のおどりを披露し、次に子供の部おどりを披露しました。雨乞笠おどり指導員とおどりを踊ってくれた子供達、本日は大変暑い中お疲れ様でした。

 

[おどり大人の部]           [おどり子供の部]

雨乞笠おどりを裏で支えて頂きました、野田・東刈谷両自治会と両地区の公民館婦人部の皆さま・雨乞笠おどり保存会(氏子総代会・野田史料館)役員の皆さま、ご協力ありがとうございました。



このページの先頭へ