令和3年度 加藤与五郎博士「顕彰祭」

野田自治会

‘自治会長ブログ’ カテゴリ

令和3年度 加藤与五郎博士「顕彰祭」

2021年11月10日

11月7日(日)野田市民館において、加藤与五郎博士顕彰祭を行いました。         例年は、町内にある博士生誕跡地公園にて行いますが、今年は新型コロナウィルスの影響で規模を縮小し、場所も昨年同様野田市民館にて実施しました。(例年は、親族の方・㈶加藤科学振興会・TDK(株)会社役員・他大勢、博士と由縁の方々と地元の来賓をお呼びしています)

野田市民館での開催は、コロナ感染拡大懸念のため

他を行い、コロナ対策をしっかり取り行いました。

 

[顕彰祭会場]              [地区長式辞]

最初に式辞を稲垣野田地区長から述べ、次に在りし日の与五郎博士の声(昭和35年,88歳の時)の録音を聞きました。次に参加者全員で博士の遺影に向かい黙とうを捧げました。その後、参加者全員で献花も行いました。

 

[参加者全員での献花]          [来賓祝辞]

ご来賓祝辞を稲垣刈谷市長から頂き、生徒、児童による謝辞を遺影の前で発表して頂きました。

 

[朝日中;北田さん発表]          [朝日小;西川さん発表]

博士は、刈谷市の名誉市民であり勲二等瑞宝章(後に、旭日重光章追陞 ツイショウ)藍綬褒章を受章されており文化功労者です。

この顕彰祭において、博士の様な人材を育てる環境を末永く引き継いで行かなければいけません。地区としても、郷土の更なる発展のため尽力と協力を続けて行きたいと思います。

顕彰祭資料-1 顕彰祭資料-2

 


野田子ども見守り隊 発足式

2021年08月09日

昨年度末、朝日小学校より児童登校時の子どもの見守りを自治会にお願いしたいとの要望がありました。理由は、校区内におけるわが子の通学時の見守りを行っていたPTA加入者が減少(約30%減)。現在小学校のPTAは保護者全て加入ではなくなっているようです。また関東方面では、小学生が通学途中に交通事故に合い、亡くなると言う痛ましい事件が発生し、野田地内でも、危険な箇所は無いか緊急に確認し、子供たちの安全を考慮し対応策を思案しました。

以上から、野田自治会が窓口になり町内での小学生の通学時見守りを展開するため、町内の見守り隊員を募集したところ双葉会(老人会)・防犯パト隊員・組長経験者や有志の方、40名の参加希望者がありました。

8月7日(土)野田市民館において、野田地区長を隊長として「子ども見守り隊」の発足式を行いました。

発足式には、参加希望者(見守り隊会員)に出席していただき、

以下の内容について説明をしました

1,子ども見守り隊員;40名(隊員39名,オブザーバー1名)

2,見守り時間;通学時間帯(午前7:30~8:00頃まで)

3,見守り立哨地点;野田町内 9地点

4,隊員配置;上記 9地点へ4~6人/週を配置

5,開始時期;令和3年9月1日~

6,隊員服装;見守りベスト(黄色),帽子(黄色)着用

7,事故等の備えとして、隊員は傷害保険加入(自治会が会費負担)

主な仕事内容としては、「子どもたちが安全に通学できるように見守る。

元気にあいさつできるように声掛けをする。」

今後も見守り隊会員は随時受け付けます。興味のある方は野田自治会事務所までご連絡ください。お待ちしております。

 

[見守り隊長からの説明]         [発足式での聴講隊員]

 


子ども見守り隊へのお誘い

2021年06月29日

 

 


令和2年 加藤与五郎博士「顕彰祭」

2020年11月04日

11月1日(日)新設の野田市民館において、加藤与五郎博士顕彰祭を行いました。  例年は、町内にある博士生誕跡地公園にて行いますが今年は、新型コロナウィルスの影響で規模を大幅に縮小し、場所を変更して実施しました。(昨年までは、親族の方・TDK(株)会社役員・㈶加藤科学振興会、他大勢、博士と由縁の方と地元の来賓をお呼びして開催をしていました)

市民館での開催は、コロナ感染拡大懸念のため

1)手・指の消毒と検温・マスク着用(参加者全員)

2)式場内の換気のためドア・窓をオープン

3)式辞等マイクでの発声時は、前面パネルシールド設置

他を行い、コロナ対策をしっかり取り行いました。

[顕彰祭会場]              [来賓祝辞]

最初に式辞を竹内地区長から述べ、次に参加者全員で博士の遺影に向かい黙とうを捧げました。参加者全員で献花も行いました。

ご来賓祝辞を稲垣刈谷市長から頂き、生徒、児童による謝辞を遺影の前で発表して頂きました。

[朝日中;本美君発表]          [東刈谷小;平林君発表]

博士は、刈谷市の名誉市民であり勲二等瑞宝章(後に、旭日重光章追陞 ツイショウ)藍綬褒章を受章されており文化功労者です。

この顕彰祭において、博士の様な人材を育てる環境を末永く引き継いで行かなければいけません。地区としても、今後郷土の更なる発展のため尽力と協力を続けて行きたいと思います。

 

 


「地区委員研修会」を行いました

2019年07月15日

7月6日(土)、野田自治会「地区委員研修会」を行いました。研修先は、刈谷・知立環境組合クリーンセンターです。自治会役員・地区委員総勢25名が参加して行われました。

クリーンセンターでは、案内員の方よりクリーセンターの紹介ビデオと概要について説明がありました。その後、施設の案内と、刈谷市、知立市から回収されて来た可燃ごみの処理を、ごみクレーンにより燃焼炉へ運搬する作業を見学コースより見ました。また、可燃ごみに燃えない金属類がまざって入り、燃焼されて残骸となった屑鉄見本の陳列もされており、分別がしっかりされていないと大変困るとの説明員の指摘もありました。ゴミ出しの時のごみ分別の大切さを痛感しました。

 [案内員の説明を聞き研修中]        [可燃ごみ処理⇒燃焼炉へ運搬中]

クリーンセンター研修後、昼食を取り解散しました。

地区委員研修会に参加されました皆様、ごみ分別や処理には多くの税金費用が掛かっていることを知らされましたね。住民の皆さんも、正しいごみの分別にご協力をお願いします。

[刈谷・知立環境組合クリーンセンター概要]の説明(下記のPDF資料をダブルクリック)

190706_クリーンセンター概要


« Older Entries

このページの先頭へ